◆ホストに必須なテクニックを徹底解明!

東京でホストの仕事を始めるなら体験入店から

これであなたもイケメンの仲間入り!?ホスト求人の探し方

ホストといえば、代表的な男性の夜のお仕事というイメージがあります。
同時に見た目が格好よくないといけないとか、あるいは店の中での上下関係が厳しいとか、そういうマイナスイメージを持つ方も多いです。
まして地方の方にとっては、求人を探すこと自体もなかなか難しいでしょう。
でも最近の東京のホストクラブなんかは、昔とは随分と変わってきています。
地方から出てくる人のために上京費用を支給してくれるような店もありますし、先輩が後輩に対して上下関係を押し付ける行為なども一切禁止している店もたくさんありますから、新人であっても平等に扱ってもらえます。
また最近は個性を重視する店が多いですから、容姿に自信がなくても大丈夫なんです。 そして初心者にとって何より嬉しいのは、ほとんどの店が体験入店が可能だということです。これなら経験のない人でも安心できます。
ホストの仕事に憧れはあるけど、なかなか初めの一歩を踏み出せないという方、または地方にいてホストの仕事が見つからないという方、まずは東京で体験入店から試してみることをおすすめします。

ホストクラブにおけるイベントを考える

ホストクラブの経営者は、イベントを立案して利益を稼ぎ出すという手法を考えることができます。企画の内容は、経営者が直接考案することもできればホストたちにアイデアを出してもらうという選択肢があります。
アイデアを募集するときにおいては、確実に収益を見込むことができる案に絞っていきます。
そしてそこから、より確実に利益を稼ぎ出すことが可能なアイデアを選定していくのです。
このとき、採用したアイデアが成功して売上に貢献することができたら考えたホストに褒賞金を払うというやり方もあります。
ホストの視点に立てば、考えた企画が採用されて利益を獲得できたら褒賞金を得るという利点が存在しています。
なお、経営者がイベントの内容を自身で考えるときには利益を生み出す内容のものにすることが求められます。
その他にも、イベント時におけるコストを回収することができるのかという視点も必要となります。
そのため、様々な可能性や視点を考慮するということが必要不可欠となるのです。

check



2019/12/19 更新